ミセスstellaの暮らし綴り

花や緑に癒される 日々の暮らしを中心に、毎日の生活の綴りです。   
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景色、光景、観光

生き生き野菜と、今日の日本海と、海辺の紳士と・・・

1   (白菜)

生き生きしている野菜に心が惹かれます。
これらが宿の食卓に・・・・


2
(キャベツ)



3



4

もうすぐここも雪になるので、ビニールで覆う準備でしょうか。



日本海

今日の日本海は、どんよりとした曇り空でした。



日本海

3時頃、向こうがうっすらとピンク色に・・・・・


海岸での出会い

「海は良いですね!」と、優しい笑顔の紳士が・・・・

「お写真、よろしいでしょうか。」
惹きつけられる様に、なぜかカメラを向けておりました。

「貴女をも、海をバックにお撮りしましょう。」と、紳士が・・・・・



2

この方が、今回、瀬戸内寂聴さんと坂口安吾賞を頂く近藤亨氏と分かったのは、家に帰ってからの事でした。
(短い会話の中から得た、新潟、ネパール、チベット、近藤さんと言うお名前で・・・)

「近藤先生、あの時は何も分からず会話になりませんでしたが、受賞おめでとうございます!」
もうすぐネパールにお戻りになると言うお話でしたが、どうぞお気をつけて・・・・・
ほんの数分でしたが、良い時間を頂けました事に感謝いたします。

近藤 亨(こんどう とおる)氏
       1921年生まれ 新潟県加茂市出身

新潟大学農学部助教授を経て新潟県園芸試験場研究員となり、76年に国際協力事業団(JIKA)の果樹専門家としてネパール王国に派遣され、ネパールの立ち遅れた果樹栽培振興指導に尽力。

70歳の定年を迎えてのち、単身でネパールの秘境ムスタンに定住。

92年、ボランティア組織「MDSA-ムスタン地域開発協力会」を設立。同会理事長に就任、現地での活動を現在まで続投中。

MDSA-ムスタン地域開発協力会、は近藤氏の理念により農業開発、実証展示、現地青年への技術指導を手掛ける傍ら初等教育の振興に心を注ぎ、学校建設、校庭整備、ネパールで初めての完全学校給食等実施、今まで13の小、中、高校をムスタンの各村に建設、98年から病院を建設運営などの奉仕活動を推進中。

ネパール王国より2つの勲章を受けるほか、読売国際協力賞、毎日国際交流賞団体賞、米百俵賞等受賞。著書に講談社から「夢に生きる」・「ムスタンの朝明け」(かんぽう)短歌集「ムスタンへの旅立ち」(新潟日報事業社)など ・・・・

 

-2 Comments

stella says..."noriさん"
noriさんおはようございます。
お祖父様もお髭を伸ばしていたのですか。
きっと素敵なシルバーで・・・

近藤先生は、お歳が87歳のようですが、お元気で、背筋もピンと伸びていて若々しかったのですよ。

先生から見たら、私達はまだまだわかぞうですね。
もっとシャキッとして、色々やれる筈なのですが、この頃の私はなぜか???なのです。反省!

この海辺では、外に出ている人がほとんどいなくて、押し寄せる波の音が聞こえるだけ。
もう「冬の日本海」でした。
2008.11.19 06:08 | URL | #- [edit]
hmy_nori says...""
近藤亨氏のことは存じ上げませんでしたが、このおひげを拝見致しましたら私の祖父を思い出しました。良くひげをなでている姿が目に浮かぶます

すばらしい働きをなさっておられる方ですね

今時の日本海は寒そうであらあらしくてきっと懐かしく思われて
脳裏に刻みこむように眺めていらしたのでしょうね
2008.11.18 14:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。