ミセスstellaの暮らし綴り

花や緑に癒される 日々の暮らしを中心に、毎日の生活の綴りです。   
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

3月31日 臆病者の私と、度胸のある私・・・

P1040051.jpg

友人がとても素適なピアスをつけていた。
イヤリングが大好きな私に、「とても安かったのよ。探してみる?」というので、彼女と一緒にアクセサリー売り場を見たが、ピアスが殆どで、イヤリングは、片隅に少しだけ・・・・

耳に穴を開けるのが恐くて、ピアスをつけることが出来ない私に、「そんなの、あっという間に終わるのよ!」と、友人達は元気づけてくれるのだが、そうこうしている内に、何年経ったのであろうか。
今更・・・と思う気持ちと、今だから・・・、と思う気持ちが交錯する。

それなのに、皆が恐いという歯の治療「インプラント」は、4本も施術している。ブリッジで、いつも不快感を抱いているより、どんなに楽だろうと思って、ずっと機会を狙っていた。

幸い、腕の良い歯科医が近くにあり、しかも知り合いだったので、思い切って相談したのだったが、「なに悩んでいるのさ・・・。さっさとやってしまいな。簡単な手術なんだから・・・」「えー手術?やっぱり無理だ、恐いわ・・。」
「手術と言ったって、抜歯と一緒だよ・・」と言う。
私は、抜歯は何にも恐くないので、「それなら、手術と言う言葉を使わないで、治療をしてね。お願いだから・・」ということで、昨年、治療をしたのであった。案ずるより生むが易し・・というところだろうか。

耳に穴を開けるとか、手術する、とか言う言葉で、びびってしまう性格かもしれない。

昨夜のサッカーも、一点を取るまでテレビを見ていられない。
アナウンサーの声で、見てよい状況かどうかを判断し、都合の良い時だけ画面を見て、状況が危うい時は目をそらし・・・
なんだか、おかしな性格である。

自分でも、度胸があるのか、臆病なのか、さっぱり分からない。

スポンサーサイト
未分類

3月27日 素適なバラの贈り物

P1040004.jpg

昨日は一日、嬉しい事続き・・・・
夕方、ピンポーンとチャイムの音と共に、お花の好きなTさんが見えました。「日持ちはしないのですが、あなたの好きな色のバラがありましたので、少しの時間でも楽しんで頂けたらと思いまして・・・こんな時間でごめんなさい・・」
素適なシックなバラを頂き、感激でした。

私の喜ぶ顔を見て、Tさんが満足そうに言いました。「あなたが、そうして持っていると、とてもよく似合うわ・・・」 
いそいそと花束を胸に抱き、外に見送りに出ると、ご主人が車の運転席でお待ちです。
仕事帰りのご主人に運転していただいて、わざわざ届けてくださったTさん、ありがとう!!

ブルームーンや、ジュリアのような、色褪せたようなバラが大好きなのですが、植えても、なかなか、花を咲かせてくれません。

未分類

3月24日 お断りの難しさ・・・・

P1020779.jpg

ここ2~3日、あちこちから電話が多い。
やはり、春なんですね。
「雪が解けたので、お宅に遊びに行きたいわ」「どうぞ、いらして・・・」
「貴女のお宅を是非見せたい人がいるので、お連れしてもいいかしら・・」「ウーン・・・」
いつもなら、断る事のない私ですが、「ごめんなさい。この頃ちょっと疲れているので、貴女だけだったらいつでもいいんだけど、・・・・」

又、電話が鳴り、「お元気?パソコンを習っているんだけれど、分からない所があるので、遊びに行きがてら、教えていただいていいかしら?」
仕事柄お付き合いのあるSさんであるが、「ごめんなさい。私、今まではずっと暇だったんですが、明日から、しばらく、留守が多いんですよ。ごめんなさい」
彼女は、お嫁さんと仲が悪いらしく、話題はほとんどお嫁さんに対する愚痴です。別居しているので、そんなに気にしなくても良さそうですが・・・・。
私は、そのお嫁さんの側に立ってしまっている自分に気が付き、なんだか苦手です。そう思う自分を又、なんだか嫌になるのですが・・・・。

そうしている時に、東京の従姉妹から「春になりましたねー。そちらの桜の満開頃にあわせて、ステラちゃんの所に行こうかしら・・・」「・・・・・・???」
一瞬沈黙の後、「今年は、なんだか、いろいろ忙しいので、案内が出来ないかも知れないのよ。」「そうなの・・・」
彼女は、私より3歳上ですが、地図を片手に行きたい所を決めていて、私は毎日、200キロから300キロの運転です。
ご飯を出すと、全てに、にがりをふりかけ、健康についていろいろ講釈をはじめます。
昔は憧れのお姉さまだったのに・・・・・
早く電話を切ろうとしている自分に、又嫌気がしています。

以前の私は、いろんな面で、断り下手で、自分で自分を苦しめておりましたが、この頃は、何だか変です。
好き勝手に暮らしているからでしょうか。

親しい仲間や優しい人以外、なかなか受け入れる事が出来なくなっています。
このままでいいのでしょうか。   悩みます。

お花を眺め、お茶でも入れて反省してみます。

未分類

3月17日 雪国を実感した一日

P1020715.jpg


今朝は早起きをして、県内屈指の豪雪地帯へゴー!!
運転して一時間位は、さほど市内と変わらなかったが、途中から、田んぼが真っ白に輝き、目がまぶしい・・・・
道の駅に寄ろうとしたが、雪の為、入り口がわからない。
仕方がないので、そのまま直行して、次の道の駅にて、お手洗い。

国道からの曲がり道は、辛うじてわかったのだが、肝心の行き先が分からない。雪の為、町の景色が全く普段と違うのだ。小路を間違う事2回・・。やっと着いた時は、自分でも可笑しくて笑ってしまいました。

そうです!今日は、前から依頼していたあけび籠を、受け取りに行ってきたのです。
残念な事に、肝心の依頼品は、勘違いした為か、出来ていませんでしたが、他の物を数点、頂いてきました。


私はやはり、本当にあけびが好きなんだなーと実感しました。
眺めていると、籠がより立派に素適に見えてくるんです。
お茶を頂いて、急いで戻ってきました。





該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。